スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣味です


完全に趣味の世界なスライダー。

個人的にはカリブのスライダーが特に好きなのでたまにはちょびっとだけ写真でも。


画像はキューバ♀。
ここ数年でこの種の名前をよく聞くようになりましたが以前はホントに幻だったんですよ。
20年くらい前に輸入業者さんから話しがあったときなんて1匹○○万円と言われ度肝を抜かれた記憶があります。
その時は実際に輸入は実現しませんでしたがprで欲しいので何とか輸入して下さいと頼んでいた自分が懐かしいです(笑)
カリブ系のスライダーの中でも知名度は抜群なキューバですがスライダーというよりどちらかというとチキンタートルチックな印象で、これはvisinaにも言える事ですが眼が上付きに付いているためカエル顔。
そしてキューバは他のtrachemysよりも頸が太長いのでどことなくチキンタートルを思わせるような雰囲気です。
にんまり顔もまたチキンっぽいですね。



















DSCF2895.jpg

こちらは同属のangustaことタコスライダー。
よく質問されますがキューバとタコが区別しづらいやキューバで買ったのにタコっぽいなど何度か質問を受けた事がありますがこうやって見ると全然違うでしょ。
タコにも耳の部分が赤くなる個体も普通にいるので買ったはいいけど不安になってしまうんでしょうか・・・


DSCF2811.jpg
若干耳が赤いタコスライダー。
これはまだまだ若い♂個体。
DSCF2810.jpg


こうやって見るとタコとキューバは全然違うのがよくわかると思います。
頭部の形状も違うし何よりタコはタコだけの独特の雰囲気があるのでキューバのようにチキンぽくありません。
DSCF2807.jpg
個体差が何気にあるタコですが分布域からしても形質的に不安定な種ではなく近隣のドミニカのようなバリエーションが豊富な亜種ではないのでポイントさえわかれば見間違える事はまずない種だと思います。
























DSCF2907.jpg
ジャマイカスライダー






これが典型的なジャマイカの個体群。
北部個体群と呼ばれる個体も複数所有してますが個人的にはこちらが(南部)僕の求めていたジャマイカ。

北部個体群は若い頃から甲の年輪にシワが寄り、耳部分も赤い耳。南部個体群と比べると色彩的には濃い色をしてますがなんというか全てが違うんですよね。
elegansとも全然違うしハイチとも似てない、何となくの雰囲気は何処となくvisinaっぽい所もあるけどでも全然違うのがこのジャマイカスライダーの南部個体群。
悔しい事にこの個体群の本物は国内にほとんど入荷してないので僕もこの1匹のみ所有です。
ジャマイカスライダーは僕の中でのキングオブスライダーですので何とかこの個体群は手に入れたいんだけどもう来ないのかな~














DSCF2875.jpg
カリビアンではないけどニカラグア。
この辺のスライダーがよく間違えて売られていますよね(笑)
この♂は結構典型的な♂なので参考になりやすいのでは?

でも僕が初めて見たニカラグアは(もう20年近く前)こういう眼上斑タイプではなかった記憶があるんだけどあの個体群は何だったのか今になって気になっている所です。




以上、簡単だけどスライダーの紹介でした~





















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

visina

Author:visina
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。